濃くなってしまった鼻の下の産毛

私がまだ学生だったころ、ムダ毛の処理をする程体毛に困っていなかった時の友人の話です。
身体の成長や心の成長には個人差があるように、友人は私よりも身体の成長が早かったように感じていました。
産毛が濃くなってきているのもその頃でした。

友人は緊張すると唇を舐めてしまう癖があり、冬場になると乾燥が増していつもより唇を舐めていました。
赤くなってきた口の周りの肌荒れが目立ってきたのか、手で鼻の下を隠すようになりました。
刺激を受けてしまったのか、夏になると、鼻の下の産毛が徐々に濃くなっているように感じました。

若くして産毛を剃ると色の濃い毛が生えて来ると、母から聞いていたので その話を昔友人に話してしまったせいか、鼻の下の産毛を剃る事もせず隠し続け、次第に俯いて見えないように過ごすようになってしまいました。

なんだか昔より表情が暗く大人しくなってしまったので、思い切って剃る事を提案してみました。
友人は恥ずかしながらも話を聞いてくれて、次の日の朝、堂々と胸を張って登校してきてくれました。

まだ荒れた皮膚は少し赤みがかっていましたが、産毛を剃ったおかげで以前より気にならなくなりました。
それから数日後、私も鼻の下の産毛が気になりだしたので思い切って剃ってみました。初めてだったので少し緊張してしまい、唇の端を少し傷つけてしまいました。
友人の次は私が 傷が治るまで隠すようになってしまいました。

【こっちもオススメ】Amazon信者の私でもノイスを買うときは公式サイトでしか買いません!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする